記事作成代行|高い記事作成スキルで期待できるSEO効果

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

記事作成代行で求められる記事作成スキルと期待できるSEO成果

 

Googleが2017年からはモバイルファーストというコンセプトで、Webサイトの検索順位をスマホなどの携帯端末の内容で決定するという方針を発表しました。

それに合わせて今後サイト制作では、コンテンツファーストと呼ばれる記事作成などの文字コンテンツを起点にすることが必要となってくるでしょう。

SEOという視点で考えても、サイト全体の中でも大きな比率を占めるのが記事作成(文字コンテンツ)のクオリティーとなります。ほとんどのWEB制作会社では、スキルの高いSEOライターを自社内で抱えていたり、育成しているところはありません。

スキルの高いSEOライター

ユーザーニーズに合わせた記事作成代行サービス 自社ライターだから得られる「記事の質」という大きなメリット

サイト全体のクオリティーを決めるコンテンツ、その部分の記事作成は外注される場合がほとんどでしょう。単純にコストだけを考えるならクラウド系、記事の質を求めるのであれば専門の記事作成代行などのサービス、このように二分化されています。

記事作成とサイト全体のコンテンツ設計は非常に密接な関係にあります。全体のバランスを見ながら質の高い記事作成をしなければ検索順位(=集客)を上げることも難しいのが現状です。

そこでキーとなるのは記事を作成するライターの質であり、そのライターを管理する記事作成代行のクオリティー管理となります。

クラウド系などで個別に記事作成だけを複数ライターに依頼してしまう「ボリューム優先」になっていまい、そこでは必要な「質」を求めることは難しくなります。

サイトテイストにも合わせながらあくまで「ユーザー視点」で価値のある情報を届けるには、高いライティングスキルが求められます。その部分を無視してしまっては、ユーザビリティーの高いサイトは望めなくなってしまいます。

記事作成代行office2614Nで期待できるSEO成果とクラウド系での記事作成サービス比較

ある程度SEOの目的を理解した記事作成ができるライターをSEOライターと呼びますが、現在ではさらに記事作成代行業ではカバーするべき範囲は広がっています。

効果的な記事タイトルや記事中の「見出しタイトル」作成は(h1~h3タグやタイトルタグ)はSEOに大きく関係していますが、弊社の記事作成代行では当然その部分を重要視、意識して行います。

記事作成代行office2614NではSEOを意識したサジェストキーワードを交えつつ、「ユーザに読みたくさせる」コピーライティングを取り入れたタイトル作りを提供させていただきます。

記事作成をクラウド系で依頼するデメリット

クラウド系で記事作成を依頼するデメリット

・サイト全体の記事テイストの統一ができなくなります

・記事同士で内容の「かぶり」が出てきます(インデックスされない場合や重複記事となりGoogleやユーザー評価も低くなります)

・コピペ記事の確率が高くなります(弊社では独自ツールで確認していますが、他社は不明)

・修正も依頼できない場合が多くなります

記事作成代行office2614Nではこのようなリスクを排除し、成果というメリットだけをクライアントに与えられるよう、サイト構成はWebディレクターが把握した上で、専属ライターに振り分けて執筆いたします。

記事作成代行offline2614NのSEO特化型記事コンテンツの大きなメリット

SEO特化の記事作成代行とは

・記事そのものに対する検索エンジンやユーザーの評価基準のハードルをクリアできます

・見込み客に商品やサービスに対する正しい知識を提供し、自然な誘導で成果が期待できます

・キャッチーな見出しで、記事の内容を検索エンジンとユーザーに分かりやすく伝えられます

・インフィード記事や広告記事、あるいはLPなどスキルと経験値が求められる記事作成にも対応します

・専門的なジャンルでは、知識に対する高い理解力と正確なアウトプットで、求められる記事作成を行います

また記事作成代行office2614Nでは着地点にブレが発生しないよう、できる限りクライアントとの直接的なヒアリングの機会を設けさせて頂いております。ご遠慮無くお申し付けください。

関連記事
「質の高い記事」の基準を記事作成代行の視点で分析してみました
質の高い記事が期待できる記事作成代行の選び方 | 料金やコストの基準とは?