記事作成視点で考察するWEBコンテンツ強化に必要なSEOライティング

SEOライティング
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

このコラムを書いている2018年8月2日、引続くグーグルのアルゴリズム更新でサイト順位は大きく変動しています。それが追い風となっているサイトと、一気に圏外になるサイト。

ではどこに違いがあるのでしょうか?
何が大きな原因となっているのでしょうか?

対応策として提案されているのが「コンテンツの品質改善」、つまり高品質なコンテンツを提供することです。「質の高い記事」とは?コストと成果のバランス!でも弊社の見解を述べていますが、サイト運営やSEO施策の前に「コンテンツファースト」の概念を持つことが大切です。

これまでのWebライティングレベルのコンテンツリテラシーでは通用しなくなってきています。発注される側もライティングについて考えるべきでしょう。今求められるSEOライティングの概念とはどんなものでしょうか?

既存コンテンツの見直しや修正・加筆は必要不可欠なフローですが、
「では具体的に何をどうすべきか?」
ここで悩まれる方も多いでしょう。

SEO知識のあるライティング専門家でなければ、弊社のようなSEOコンテンツライティングスキルを持つWeb制作会社を利用されるのが費用対効果からもベストかも知れません。

 

記事単位ではなくカテゴリー単位で考える構成とディスクリプションやhタグの修正で期待できる成果

SEO成果
▲Googleアルゴリズムのアップデートを追い風とすることができます

とにかくサイトのボリュームアップと更新、というスタンスで記事を増やした場合、記事ごとの内容かぶりなどは多くなります。

これはキーワードなどだけを指定して記事を発注してしまうと、よく起きてしまうケースです。本来であればWebディレクター的な立場の人間が、大まかな記事構成まで終えてから発注するのがベストです。

ただ人的なリソースの問題から、丸投げで大量の記事だけを発注してしまうクライアントも少なくありません。

それがSEOライティングスキルのあるWeb制作会社であれば問題ありませんが、クラウド系Webライターには絶対に望めない部分です。

またコンテンツ改善で求められるディスクリプションの修正や、適正な見出し(hタグ)修正などもSEOには大きく影響してきますので専門的なところに依頼するべきです。

そしてサイト下層ページにあるカテゴリーや子ページの見直し・修正も必ず手を付けるべき部分です。必要であれば再度カテゴリーを追加、あるいは削除することから始め、既存のコンテンツを個別に修正。

着地点を決めずに巨大化してしまったサイトであれば、追加コンテンツを入れる前に、まずカテゴリーの見直しをお勧めいたします。

時間はかかるかも知れませんが、これだけでも期待できるSEO効果は決して小さなものではありません。

 

モバイル特化のSEOライティングとは?離脱されにくいコンテンツ構成はSEOライティング

高品質なコンテンツが求められる今、これまでのような記事作成代行会社経由のWebライティングではGoogleの評価ポイントである「ユーザーの満足度」は決して得られません。

さらに今後のWebコンテンツは記事作成を含め、モバイルでのUXが最優先となります。

記事コンテンツを作成する場合は常に「モバイルユーザー視点」を理解したWebライティングスキルは不可欠となっています。

サイトの分析からカテゴリー修正、キーワード分析やGSCを使ったクエリやCTRを理解した上で作成するコンテンツが本来のSEOライティングです。

この部分を全てインハウス(外注なしで)で行えうことが、内部施策を含めたSEO的観点からベストなWebコンテンツだと弊社は考えます。

文 | office2614N編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です