サイト改善用の記事作成の詳細ご案内

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

サイト改善用の記事作成の詳細ご案内

SEO効果の高い集客ができるホームページへの改善とは

ホームページの作成会社でも、ほとんど「外注」してしまうのはコンテンツ(記事)の部分です。大手のWEB制作会社でも、記事作成専門の会社に依頼する場合も少なくありません。

実はホームページ全体の「質」決めるのがこの記事のクオリティーです。中には個人でホームページを作って、コンテンツも自分で書かれている方もいるでしょう。それがいけない、ということではありませんが、ユーザーの検索対象にすらならないで終わってしまうケースがほとんどです。

ホームページにおける記事コンテンツは言ってみれば「心臓」部分です。ユーザーやGoogleから評価を得るには、専門的なライティングはやはりプロに任せるべきでしょう。
個人事業主や起業家を応援する弊社では、専属のライターを抱えてクライアントのための記事コンテンツを作成しております。

すでに既存のホームページをお持ちで

・記事は追加・更新しても訪問ユーザーも増えず、集客もできていない
・商品販売のホームページを運営しているが、全く販売位に結びつかない

このような場合、良質な記事コンテンツを追加することで改善が可能です。

⻑いテキストコンテンツ(記事)は上位表示されやすいのでしょうか?

2014年のGoogleアップデート以来、多くのWEB制作会社も「⻑い記事」のほうが検索順位が上がりやすいという認識て「質より量」を優先するところも多くなりました。

この時のGoogleウェブマスターの見解は以下のようなものでした。

・文字数などのボリュームについて最低限はない(サイト全体の記事数も含めて)
・記事の数より「クオリティー」を優先する
・Googleのアルゴリズムは「ユーザーにとって」魅力的なコンテンツを提供しているサイトを勧める
(=上位表示させる)

したがって、ホームページ全体の記事コンテンツに量を求めるなら、それはユーザーにとって分かりやすく理解し易いものでなければ意味はありません。
あくまでユーザー評価が基準になっています

きちんとした情報をまとめて1つのホームページにアップするには、当然それなりのボリューム(記事コンテンツ部分での)は求められます。ただしそれはクオリティーが伴っている場合に限られる、ということです。

1つのホームページに必要な情報量は3万文字以上?

弊社のスタッフは⻑年WEB制作業界に関わっています。その経験値から、1つのWEBサイト(ホームページ)の適正な情報量は3万文字以上必要だと判断しております。

これまで作成してきたWEBサイトで上位にランクされているものは、最低でもこれだけの記事コンテンツが入っています。またサイトをアップした後もSEOの施策上、コンテンツはどんどんと追加し、情報も新しいものに更新する必要があります。

情報が新しいから新規のユーザーも増えてくる訳です。
したがって弊社では新しいホームページでは、少なくてもこれだけの情報は必要だと考えております。

アメブロなどブログ改善型のホームページは不利です

よく見かけるのがアメブロなどをカスタマイズしてホームページとして利用されるケースです。個人で作成する場合、手間もかからず便利かも知れませんが、「集客」という観点からするととても不利になります。

実はアメブロの記事もGoogleのクローラーは読みにきます。

ただし検索結果として表示されるのは「アメブロの中で3サイト」だけです。例えばあなたが「ダイエット」をテーマにとてもボリューのあるブログサイトをアメブロで作ったとしましょう。利用者が多い分、「同じような」キーワードやテーマで書いている方も少なくありません。

ところが、数多くあるアメブロの中で「ダイエット」でベストスリーに入っていなければ、その検索結果はGoogleには反映されない仕組みになっています。

したがって、個人でホームページを作られる場合少なくてもワードプレスを使う必要があります。ところがSE(システムエンジニア)でもない方が変に触ってしまうと、万が一のトラブルに対応できなかったり、キレイなソースコードが書けなければ、これもGoogleの評価は低くなってしまいます。

弊社では、質の高いサイトやホームページリニューアルのご相談も承っております。
是非お気軽にお問い合わせください!