「質の高い記事」とは?その基準を記事作成代行の視点で分析してみました

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「質の高い記事」とは?その具体的な判断基準について書きたいと思います。記事作成代行を行う弊社では2012年よりライターの育成を始めており、BtoBでのライティング講習なども数多く行ってきています。「記事の質」に対する明確な判断基準は存在します。

記事を依頼されるクライアントはWebライティングの専門家ではないので、クオリティーの判断は難しいと思われがちですが、実はどなたでも一度読むだけで判断できるポイントが存在します。

「最後まで目が止まらずに読めたか?」
実は、このような感覚的な部分だけで記事の質をカンタンに見極めることが可能です。

記事作成における「目が止まらない」文章とは?ユーザー評価や滞在率が高くなる理由

記事作成における「目が止まらない」文章とは?ユーザー評価や滞在率が高くなる理由

Webユーザーは自分が求める情報を探してネット検索をします。最近ではモバイル端末からのアクセスが多くを占めるため、少しでもストレスを感じてしまうとその瞬間に記事から離脱してしまいます。

その場合の原因は以下の2点です
✔文章そのものが読みにくく無駄な説明や繰り返しが多い=ストレスを感じる
✔ユーザーが求める情報が分かりやすく書かれていない

目が止まらない記事というのは、「気がつけば最後まで読んでいた」という簡単な基準で判断することができます。人は文章に違和感を感じると、その先を読もうとは思わなくなります。

では具体的に、離脱させずに最後まで読ませることのできる記事の「スキル的な基準」を、Webライティングを指導する立場から説明しましょう。

リード文やディスクリプションは記事作成の命!そこにユーザーを読みたくさせる結論は述べられているか?

リード文やディスクリプションは記事作成の命!そこにユーザーを読みたくさせる結論は述べられているか?

基礎からWebライティングを学んでいないライターの中には、「リード文」(冒頭文)という言葉や、その意味すら知らない人もいるようです。検索キーワードから記事に飛んできた読者が一番最初に目にする導線となるべき部分です。

そこにユーザーが求める「情報と結論がある」ことを知らせなければ、その先は読まれることなく離脱されることになってしまいます。常にハイエンドな記事作成代行が求められる弊社では、ライター育成を行う際には、このリード文の書き方は徹底的に指導します。

ここで求められるスキルとは、最低でも最初に結論を書いてその先の文章にユーザーを誘導することです。
Webライティングでは、起承転結の「結」の部分から書かれている文章であれば、興味を持たせることができます。さらに読み手の興味をあおるのであれば、「転」の部分からの書き出しがベストとなります。

ただここまでのレベルになると、対応できるライターはある程度限られてしまいます。では具体的なリード文の例をあげて説明しましょう。

テーマ:ダイエットサプリ
仮にダイエットの記事を執筆すると仮定しましょう。よくWeb上で見かける記事はこのような書き出しで始まっています。

「あなたはダイエットでつらい思いをしたことがありませんか?」
弊社ではこのようなユーザーに対する問いかけから始まるリード文はNGとしています。なぜならこの記事を読みに来ているユーザーは、ダイエットでつらい思いをしているからこそ、効果があるダイエットサプリを探しているわけです。

このような書き出しでは「つらいからこの記事を読んでいるんだよ!」と読み手にストレスを与えるだけではなく「で、だから?」という反感まで買ってしまい、そのまま離脱されることになります。

結論から書く場合:
すべての記事のリードでは「言い切り」はとても大切な要素になります。これは一例ですが結論部分から書き出す場合であれば、

「ダイエットサプリを効果的に取り入れれば、苦しまずに体重を落とすことは可能です」
このように最初から結論を言い切ることで人はその先を読みたくなるものです。

さらに訴求力の高い「転」からの書き出し:
こちらは起承転結の「転」の部分からの書き出しになります。

「ダイエットサプリとカロリー制限は並行すれば3キロの体重を落とすことができます」
ここでは、期待できる効果は書いていますが、具体的にどのようにという結論部分は述べられていません。だからこそ余計その先を読んでみたくなります。

このようにリード文一つにしても、ライターのスキルによってその記事によって得られる効果(ユーザー評価や滞在時間=Googleの評価)は大きく異なってきます。

例えばこのコラム記事のリード部分も同じです。
✔「記事の質」に対する明確な判断基準は存在する
✔一度読むだけで「質の高い記事」を判断できるポイントがある
この結論部分から始められています。

またディスクリプションに関しても同様です。Webで検索するユーザーは、記事に飛ぶ前にディスクリプションを読んで、その先を知りたいかどうかを判断します。そこで表示される100文字程度の中に、どれだけユーザーの興味を引くことができるで記事が読まれるかどうかが決まります。

当然ここで求められるものも結論や「転」部分からの書き出しですね。

長くなってしまいましたが、次回のコラムでは
・タイトルや見出しの重要性
・メリットを書くのはカンタン、デメリットをポジティブに書かれているか?
・最終的にどれだけ無駄な言葉を削って簡潔な文章で読みやすくするか
について書きたいと思います。

こちらも合わせてお読みください
関連記事
「質の高い記事」はコストと成果のバランス!記事作成会社の判断基準
質の高い記事が期待できる記事作成代行の選び方 | 料金やコストの基準とは?
記事作成代行サービスに求められるSEO成果のご案内

記事作成代行office2614N編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です