WEB広告の詳細ご案内

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

WEB広告の詳細ご案内

【WEB広告|直接的な集客は新しい「インフィード広告」が現在の主流で効果的】

WEB広告と言うと昔からあるバナー広告をイメージされる方が多いでしょう。現在バナー広告などはほとんどクリックされなくなってきています。
それに変わるものとして、費用対効果の高いネイティブ広告と呼ばれるものが注目を浴びています。

その中で1年前にサービスが始まって、急激な成⻑と成果が望めるのかインフィード広告と呼ばれるものです。
FBなどのフィードで流れてくるものもインフィードになります。
もしあなたが既に販売や集客用のホームページをお持ちの場合、このようなWEB広告を利用すれば、直接的な集客に結びつけることが可能です。

ホームページに誘導するような広告記事LPをはさむのが更に効果的です

顕在層だけを狙うのではなく、集客で大切なのは「潜在層」=見込み客の取り込みにあります。
そのためには、広告にとって大きなハードルである見込み客の「無関心」という壁を乗り越える必要があります。

そのためにも効果が期待できる「LP風記事広告」のご利用をオススメします。
この分野はまだまだ競合が少ないというメリットがあります。これまで数多くの制作実績を持つ弊社にお問い合わせ・ご依頼お待ちしております。

広告記事の役割読んでもらえるだけでは意味はありません

広告記事には三重苦と呼ばれる3つのハードルがあります。

・読まれない
・信じてもらえない
・読んでも行動しない=CTAに結び付かない

記事を含めた広告は基本的に「うっとうしいヤツ」と思われる傾向にあります。

・好かれる努力をする
・そのため役に立つ知識を教える

このような努力をしても、広告の目的は「見込み客との信頼」を築くものではありません。
言ってみれば広告はそんな「いい人」ではダメだと言うことです。広告記事の目的は役立つ情報と引き換えに潜在層の「購買意欲」を手に入れることにあります。

知らなかったことや、有益な情報は広告に対する見込み客の「ディフェンス」ゆるめることができます。ヒトは好奇心のかたまり。

新しいことや、知らないことに興味を持ちやすいものです。特に自分の興味のあることであれば思わず反応してしまいます。完成度の高い広告記事は、素通りする見込み客を立ち止まらせることができます

キャッチコピーの実際のサンプルでご紹介しましょう

「くすんだ肌は、古くなった肌だと知ってますか?」

このスキンケア商品のコピーですが、「肌のくすみ」に悩む見込み客はその解決法を知りたくなります。その先にある記事コンテンツを読んだり、クリックすることで解決策を求めまるワケです。

そして最後に現れるのが、解決策=誘導先の商品です。基本とも言える表現のテクニックですが、興味を持ったユーザーに対しては「役立つ知識」は常に導線になります。

※応用編「ニュースのように」客観的情報のように伝える

この場合のアプローチは二種類あります。

1.見込み客の「問題」にフォーカスする
2.「解決方法」にフォーカスする

「やせにくくなった原因は基礎代謝にありました」

これはある製薬会社の実際のコピー例ですが、ここでは、基礎代謝が衰える=問題定義し、その客観的な事実を伝えることで情報は見込み客にとって有益な情報と変わります。あなたの商品が解決する問題に関わる事実を分析することでこのアプローチを作り出すことができます。

反対に「解決策」を軸にしたアプローチであれば「〜基礎代謝改善という事実」のようなコピー見出しを作ることができます。

全てのベースは見込み客が抱える問題や解決策を記事コンテンツや見出しタイトルに盛り込み、「必要性や欲求」を生じさせると言うことです