集客目的でのホームページリニューアル!重要なのはUX重視のコンテンツファースト

集客できるサイト
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ホームページのリニューアルをお考えの法人や個人事業主にとって、やはり一番の目的は集客であり、そのためにはGoogle検索で上位表示されるコンテンツは不可欠です。

ホームページ全体のカテゴリー分けやUIのレイアウト部分まで変更するにしても、最終的な集客やサービスへの誘導のCVを考えるなら「コンテンツファースト」は避けては通れません。

 

Web関連会社が「質の高い」コンテンツを入れましょう!としか提案できない理由

実際にホームページのリニューアルでクライアントが一番悩むのは「どのような会社に相談するべきか」というポイントでしょう。
成果を求めるサイトにリニューアルするのであれば、まずクライアントの悩みどころろとなるのは「何をどこに依頼するのか」というポイントです。

ホームページのリニューアルによりサイトそのものの着地点が明確であれば、そのプロセスをどのような業態の会社に依頼すればいいかは、ある程度絞り込むことは可能です。

それでもなお、どのようなアプローチがベストなのか?という疑問は抱えたまま、依頼先の選択に迷うことになってしまいがちです。

選択肢はたくさんありそうに思えますが、ごく一例をあげてみましょう。

1.Webマーケティング視点からホームページ全体の構成を「ユーザージャーニーマップ」などから設計するWebマーケティング会社への依頼

2.クライアント側が明確なりディレクションを行える前提での、クライアント主導での記事作成やコンテンツ作成のみの発注

3.現在クライアントが使っているCMSの改善も含めた、Webコンサルベースからの依頼。発注先はWeb制作会社が中心

4.デザイン会社主導型のUIのみの発注でコンテンツに関しては記事作成代行などに依頼する方法

このように、「集客を目的としたリニューアル」という明確なゴールがあっても、上記のうちでどの選択肢がベストなのかは判断しづらいものです。
クライアント自身がたとえWebリテラシーが高かったとしても、実は上記のどれを選んでも満足する成果が得られない可能性は高いと弊社では考えます。

なぜなら上記どのオプションを選んだとしても、ユーザーファーストで質の高い記事コンテンツを入れる前提がなされてないからです。

ではその理由をご説明しましょう。実際にユーザー評価が高い記事作成までもインハウスで行えるWeb会社がほとんど存在しないからです。

したがってクライアントなどのオプションを検討したとしても、肝心の訴求力のある記事コンテンツは最初から「外注する」もの、という規定概念で選択肢を提示することしかできません。

 

集客力に優れたサイトは、記事コンテンツ作成をインハウスで行えるWeb制作会社でのみ制作できる理由

集客

弊社では、上質でユーザビリティーを最優先したサイト設計や記事コンテンツを作成しております。そしてそのユーザビリティーもあくまでモバイル環境でのUXに軸を置いております。

ホームページのリニューアルにしても、モバイルファーストを最重要視して設計からサイト構成を行います。

もちろんすべての中心となるのは、高いユーザー評価が望める質の高いコンテンツです。SEOを理解したディレクターが、タイトルや見出しなどの記事構成を行い、コンテンツ品質の徹底管理を行います。

ホームページへの集客を考える際に、コンテンツファーストで提案できるWeb制作会社やマーケティング会社を選ぶことはリニューアルの生命線だと弊社では考えております。

文 | office2614N編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です