Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

SEO内部施策の詳細ご案内

SEO内部施策はGoogleに伝わりやすく評価してもらうためのものです

あなたのホームページはコンテンツ(記事)、デザイン、コーディングなど多くのパーツで作られています。全てがリンクし合って噛み合ったものでなければ、ホームページそのものの評価も低くなってしまいます。

従ってこれからサイトを作ろうと考えていらっしゃるのであれば、できる限り全てをインハウス(外注せずに)できるWEB制作会社を選んだほうが集客を含めた全てにおいて良い結果が求められます。

SEO内部施策は記事制作と非常にリンクしています。
コンテンツのキーワードや、タイトルタグ、ディスクリプションなど、どちらかといえばライターサイドの分担の部分も多く含まれます。
では実際にSEO内部施策とはどのようなことを行うのか説明しましょう。

※既存のホームページをお持ちで、どのような対策が必要か、などの診断は弊社では無料サービスで行っております。

検索順位を上げたいなど、遠慮なくご相談下さい。

ページの表示速度

SEO的にはそれほど検索順位とは関係はありません。
ただ全てのWEBサイトではユーザビリティーは大切ですので、ユーザーにストレスを与えないようするべきでしょう。それによって離脱を少なくすることはできます。

画像のaltではテキストの正しい設定を

簡潔なテキストで構いませんがきちんとクローラーに内容を理解してもらう必要はあります。

質の高い記事(コンテンツ)での更新を続ける

この分野では弊社は特化したジャンルまで対応しております。一般的にGoogleは⻑い文章を好むと言われていますが、外注ライターのレベルで「ただ⻑いだけ」のものでは意味はありません。

きちんとロングテールのキーワードの意味や、記事そのものの構成や着地点など、理解できるスキルのあるライターが書いたものでなければ他のゴミ箱レベルの記事と変わりありません。

モチロン狙ったキーワードに対してサジェストツールを使うなどは必要ですが、共起語などに関しては意図的にキーワードプランナーなどで選ぶ必要はないと弊社では考えます。より自然な日本語で書かれることが大切です。

内部リンクはSEOではとても重要です

Googleのクローラー(ロボット)は内部のリンクもチェックします。きちんと関係性の高いページにリンクを貼ることがポイントとなります。自然な形で増やしていくのが一番好ましい方法です。

弊社ではパンくずやグローバルメニューを確認して、クローラーと同じようにあなたのホームページの内部を確認させていただきます。いきなり内部リンク構造を変えてしまうと、検索順位が下がる可能性もありますので、慎重に行わせていただきます。

クローラー(ロボット)対策

新しく追加されたページなどはGoogleにインデックスされる必要があります。
見に来るページを最適化しておけば無駄なくクロールされるようになります。サーチコンソールを使用して、あなたのホームページ内のページが的確にインデックスさせるお手伝いをいたします。

クローラーは必ずしも全てのページを見てくれるとは限りません。必要に応じて弊社からサイトマップを作成し、送信するようにいたします。

モバイル(スマホ対応)の確認

弊社で最初からホームページを作成させていただく場合は全てレスポンシブデザインとなっております。他社のように別料金は発生いたしません。

今後はスマホサイトで検索順位は決定されるようになります。あなたのホームページがレスポンシブに対応しているか、ご相談も無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。