Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ホームページ企画・制作についての詳細ご案内

1.そもそもホームページは何故必要でしょうか?

もしもあなたが何かモノやサービスを販売したい、あるいはネットを通して集客をしたい場合には絶対に必要なものです。これまでにホームページを作って、結果として何の利益にもつながってない場合は、制作した会社に問題と責任があるケースがほとんどです。

本来ホームページを制作する際にはSEO対策はなしでは考えられないものです。逆に言えば、きちんとしたWEB専門家であれば「集客はできて当たり前」のものです。では潜在的なユーザーに訴えかけていくためのホームページ制作はどのように行うのか、順を追って説明していきましょう。

目的によって設計は変ってきます

基本的には大きく分けて 3種類のホームページが存在します。
もちろんもっと細かな分類はできますが、ECサイトやコーポレートサイトも目的としてはこのどれかに属します。

1.ブランディング目的の場合

販売をしたり集客をして、お金を動かすのが目的ではない場合のホームページになります。まだあまり、一般的に認知されていない活動などを発信する、あるいはあなたが行っているビジネスやあなた自身の社会的な信頼度を上げるのにホームページを持つのは有効な方法です。

アーティストなども、自分の作品をより多くの人に知ってもらうための手段としては有効なものです。イベントの告知などにも使えますので、最終的にはより多くの人への認知度が高まります。

ブランディングだけの目的で立ち上げたホームページでも、最終的には集客や物販につなげることもできます。
最終的に集客に結び付ける前提で制作する場合は、SEO目的での記事コンテンツが相当のボリュームで必要になってきます。

2.集客目的の場合

基本的にはスマホを含めた分母の大きい潜在的なユーザーに対して、発信をできるのが特徴です。最初からきちんと設計されたホームページであれば、どのようなキーワードでも検索エンジンでの上位表示は可能です。

WEBの専門会社であれば、ヒアリングの段階からターゲットの絞り込みを行い、最終的には多くの人が訪れるホームページを作成することができます。SEOと言うのは一度上位表示されてしまえば、まったくお金のかからない、費用対効果に優れた方法です。

3.物販目的の場合

大きな規模でサイトを運営している会社の中には、実店舗を持たずに毎月千万単位の利益を出しているところもあります。ネット上で展開されるバーチャルな店舗ですので、大きな開業資金も必要ありません。潜在的なユーザーさえ集めることができれば、WEBではどんなものでも販売することは可能です。

もちろん販売で利益を上げるためには、見込み客をきちんと集めるための仕組みが必要です。WEB会社の仕事は、設計図を作る前のヒアリングから始まります。

どんな仕組みで集客できるの?具体的な第一歩は「キーワード」

ネット上の集客において一番大切なことは、ユーザーの心理で思考することから始まります。どんなにすばらしい商品やサービスでも、「一方的にそれを宣伝するようなホームページ」では何の結果も得ることはできません。

運営者の立場からすれば「こんなにいい商品ですよ」という部分を強く訴求してしまいがちですが、その視点で発信しても、見込みユーザーを集めることはできません。そこでホームページの作成の第一歩として行うのが「キーワード」の選定です。
この作業にはとても大きな意味があります。具体的な例で見ていきましょう。

ユーザーがどんな心理で、どんな「検索ワード」を入力するかを知る

例えば海外旅行に行く人が「海外旅行 ハワイ」という言葉で検索する場合と、「海外旅行 病院」というキーワードで検索されるケースでは、ユーザーの求める情報は全く異なって来ます。前者の場合、旅行で行くハワイでの楽しみ方や観光スポットなどの情報を探して検索しています。

そして後者の場合では、万が一の旅行先での病気やけがなどに備えて事前に情報を入手しておこう、そんな心理を読み取ることができます。このように同じようなキーワードでも、ユーザーの求める情報は全く異なったものになってきます
そのためには、あらかじめホームページ全体のゴールとして、何を伝えたいのかという部分を、ユーザーの立場でキーワード選定することは欠かせないことです。

ユーザーに役に立つ必要な情報を、良質なコンテンツで届けるキーワード

では具体的に、弊社クライアントを例にしてどのようなキーワード設定をしているのかをお見せしましょう。

フェイシャルエステ「アイリス」の実際の「キーワード」例

このようなサロンの場合、見込み ユーザーはどのようなキーワードで検索するのでしょうか?女性であればだれでも美容には興味があるでしょう。その中にはお肌の悩みなどを抱える人も少なくありません。

最初から「フェイシャルエステ」というキーワードで検索するユーザーは、その時点で興味を持っている「顕在的な見込み客」です。そのようなユーザーだけにターゲットを絞り込んでしまっては、将来的な新規客の増加は見込めません。
フェイシャルエステを必要とするユーザー全てがそのキーワードで検索する訳ではありません。

それ以外の、肌に関する悩みを持っている「潜在的な」ユーザー層の方が、分母としては圧倒的に多くなります。そのようなユーザーはほぼ「フェイシャルエステ」というキーワードでは検索しません。

そのために弊社では図のような「検索されるであろうキーワード」を分析ツールを使って抽出し、コンテンツ全体に使用するようにしております。全くの新しいホームページとして2016年9月15日にアップしたもですが、3ヶ月ですでにいくつかのキーワードでは検索順位が一桁にまで伸びてきています。

▲実際に設定したキーワードの一部ですがこれが「潜在ユーザー」分母を広げます

そのためにコンテンツSEOは欠かせません

最近では「コンテンツファースト」と呼ばれる、ホームページに入る記事コンテンツを優先して作成する手法が当たり前のようになって来ています。

コンテンツ制作に関する詳細はSEOコンテンツライティングで説明していますが、ユーザーの求める内容を分かりやすく説明する、質の高いコンテンツはこれからのホームページ制作には欠かせないものです。

※SEOは、「Search Engine Optimization」(検索エンジン最適化)という意味で、Googleの検索エンジンで上位に表示されるための施策のことです。ライバルサイトを上回るSEO効果を得るために最も大切なことは、「他よりも役に立つコンテンツを分かりやすく届ける」ということです。

SEOやコンテンツマーケティングを使ったホームページ検索順位の「上位表示」で得られるもの

弊社で作成するホームページの目的は、できる限り多くのユーザーに訪問してもらうことです。ユーザーの満足度が高いコンテンツ記事は、Googleなど検索エンジンからも評価され、どんどん上位表示されるようになります。

上位表示されるまでの目安期間は?

キーワードの競合性によっても異なりますが、よほど検索数の多いものでなければ、弊社では平均6ヶ月を目処にしております。もちろん一つのキーワードだけを上げても意味がありませんし、集客という目的は遠くなります。

複数の異なるキーワードで10位以内に入れば、訪問者も一気に増え、あなたのホームページの認知度も高くなります。
このクライアントサイトのようにきちんと上がってくれば、あとは時間が解決してくれます。

▲2016年9月15日に新規立ち上げをしたサイトです

・SEOは無料でキャッシュポイントにたどり着けます

SEOそのものに対してお金はかかりません。広告費用などは不要ですので、キチンとしたユーザー視点のホームページを作成すれば、自動的に集客にもつながります。またあなたが目的とするキャッシュポイントもどんどん近づいてきます。
メリット以外ありませんが、最初にしっかりとしたゴール設定をして、良質な記事コンテンツを入れているからこそたどり着けるポイントでもあります。

無限の「潜在層」働きかけができ、集客や売上に限界はありません

あなたのホームページが上位にいれば、新しい潜在ユーザーは増えることはあっても、減少することはありません。スマホなどモバイルユーザーの検索が50%を超えた今、Googleも今後は検索順位をモバイルサイトを基準に判断するようになります。

今後もWEBユーザーは増えていくでしょう。そこには無限に近いWEB集客の可能性があります。
※弊社で作成するホームページは最初から全てモバイル対応のレスポンシブWEBデザインを使用しております。モバイルユーザーに優しいサイトの需要がさらに高くなります。

きちんとしたSEO手法で一度上がった順位は変わりません

弊社では不正な方法などで検索順位を上げるような対策・施策は一切行っておりません。したがってGoogleなど検索エンジンでどのようなアップデートが行われても、検索順位は上がることはあっても下がったりペナルティーを受ける心配もありません。

Googleでは優秀な技術者が常に新しいアルゴリズムを構築しています。言い換えると、日々検索順位に関わるアップデートが行われています。役に立たない価値のないコンテンツは、検索エンジンに表示されなくなっていくでしょう

最後に

Googleの意図を理解してみましょう

Googleの目的は「全世界の情報を整理して、検索してくれるユーザーにベストな情報を提供すること」にあります。
そのため数多くの技術者が常に新しいアルゴリズムを構築しながら「役に立つコンテンツや記事」のみが検索結果の上位に表示されるようにしています。