Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

質の高い記事が期待できる記事作成代行の選び方 | 料金やコストの基準とは?

今回のコラムでは、質が高い記事を作成できる記事作成代行の選び方の基準と、そこにかかる料金や適正なコストについて書いて行きましょう。

今回のコラムでは、質が高い記事を作成できる記事作成代行の選び方の基準と、そこにかかる料金や適正なコストについて書いて行きましょう。
クライアントが外注で記事を発給する場合、納品される記事が実際に予算と見合ったものかという判断は簡単ではありません

一つの判断基準として、
・検索順位
・コンバージョン
・その記事での滞在時間

などを挙げることができますが、例えば検索順位にしても、記事だけではなくドメインそのもののパワーや、内部・外部リンクなど、そのほかの要素も関連してきます。
さらにGoogleのアルゴリズムというブラックボックスもありますので、記事作成にかかったコストが適正かどうかという基準はとてもファジーなものになってしまいます。

文字単価1円前後のクラウド系の記事と、3円以上の記事作成代行の質の違いは目に見える?

それでもクライアントが求める成果という観点から考えると、記事の質には大きな影響力があります。

記事のジャンルや内容によって、そこで求められるライターのスキルは大きく異なってきます。
当然ながら一般的な商品やサービス説明のような比較的難易度の低いものと、専門性を問われる記事や、ユーザーを納得させて誘導するような深掘りしたコンテンツでは記事単価も異なってきます。

サイトのボリュームアップや更新用などで「とりあえずテーマに沿った記事が書かれていればいい」というクライアントであれば、短納期で大量の記事を発注できるクラウド系のライターを使えば低めのコストに抑えることができます。

実際の例で比較してみましょう。例えばクラウド系1円前後の記事と弊社のような記事作成代行を利用した3円の記事ではどこが異なるのでしょうか?
具体的な比較ポイントは数多くありますが、今回は三つのテーマに絞り込んで比較してみましょう。
(あくまで弊社との比較としてご覧ください)

その他の「質の高い記事」に関する基準に関してはこちらのコラムもご参考にお読みください
「質の高い記事」はコストと成果のバランス!記事作成会社の判断基準
「質の高い記事」の基準を記事作成代行の視点で分析してみました

「質の高い記事」に関する基準

タイトルや各見出しの重要性の理解と記事構成

記事を依頼されるクライアントであれば、コンテンツにおける見出しタイトルなどの重要性は理解されているでしょう。
この部分の工数だけでも、記事作成では大きな比重を占めます。

依頼側がすべて記事の構成を行っていたのでは、無駄に時間がかかってしまうだけです。
必要なキーワードを盛り込みつつ、ユーザーが「読みたい」と思うタイトルでなければ、どれだけ長い文章でも読まれずに終わってしまいます

記事をアップした際に目次として表示される「記事構成」の部分ですが、この作業が終わった時点で、ライターの頭の中ではそこにどんな文章を入れるべきかイメージされていなければ、ブレた記事になってしまいます。

メリットを書くのはカンタン、ではデメリットをポジティブに書かれているか?

たとえ商品やサービスの簡単な説明記事だとしても、ユーザーが一番知りたいのは「どんなメリットやデメリットがあって、自分にどんな利益があるのか?」という部分でしょう。

あまり悪いことは書きたくないのでメリットだけを伝えようとすると、当たり前ですがユーザーは興味を持ってくれません。
デメリット部分もしっかり伝えることで記事そのものに対する信頼を得ることができます。

ここで大切なってくるのは、デメリット部分をいかにポジティブに伝えることができるか、ということです。
この部分の説明はライターのスキルがそのまま反映されてしまいますので、ここでユーザーを逃がしてしまっては意味がありません。

具体的な文章でお見せしましょう。
例えばダイエットでのカロリー制限のデメリットについて書く場合の見出しタイトル例文です。
✔テストステロンの減少とお腹が空いてしまうこと
一般のネットユーザーにしてみれば、そもそも「テストステロン」というのが男性ホルモンのひとつである、ということを知らない人がほとんどです。

さらにデメリットとして「おなかが空いてしまう」というタイトルを見ただけで、カロリー制限のダイエットに対する興味を失ってしまいます。

さらにこの見出しには、異なる二つのデメリットが述べられてしまっていますので、これは別の項目として見出しを分けるべきです。

✔ダイエット中の空腹は大敵!タンパク質の多い食べ物で筋肉を維持しながら腹持ちも良くする

このように見出しタイトルの中で、メリットを伝えつつ、それをカバーするにはどうしたらいいかという結論まで伝えた方がユーザーの興味と同意を得ることができます。

このように見出しタイトルはキャッチコピー的なセンスも求められる部分です。ライターのスキルや質が、記事全体に反映される部分でもあります。

最終的にどれだけ無駄な言葉を削って簡潔に読みやすくできるか?

クライアント側が3.000文字で記事を書いて欲しいと言えば、どんなライターでもその文字数は間違いなく記事としての納品されるでしょう。ただ問題は内容です。

コンパクトにまとめられた文書であればあるほど、ユーザーにとっては読みやすいものになります。記事の質という観点で見れば、「どれだけ文書を短くできるか」が記事作成では一番大切な部分になります。

ライターを育成しながら指導をする弊社では、この部分は徹底的に教えるようにしています。

一般的なライターからすれば、指定された内容で必要なキーワードを使って3.000文字書いているわけです。
1記事あたりの単価を収入としている場合、どうしても「文字数さえクリアすればいい」、そんな考え方になってしまいます。

実際にそのような記事を、校正して編集してみると、実は2.000文字以下でまとめることができた、このようなケースは少なくありません。
逆に言えば2.000文字で伝えられるものを、記事の内容を薄くして3.000文字にしているということです。

同じ3.000文字でも要点だけを簡潔にまとめた読みやすい文書であれば、そこに入っている情報量も異なってきます。

このようにライティングを指導する立場からすれば、同じ記事でもどれだけ質が違ってくるかということを理論的に指摘することができます。
実際にWebライティングで教えるべき項目は、限りなくあると言えるでしょう。

記事を作成する立場から考える「クオリティー」とは、実は数えきれないほど細かな基準をクリアした文章のことです。

office2614N編集部