Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「質の高い記事」とは?コストと成果のバランス!記事作成会社の判断基準Vol.1

「質の高い記事」はコストと成果のバランス!記事作成会社の判断基準Vol.1

このコラムテーマに興味をもたれた方は、弊社のような記事作成代行を利用して外注経験をお持ちの方でしょう。「質の高い記事とは?」という問いかけはWeb業界で頻繁に見かけますが、その基準に関してはあいまいなものです。

依頼側の主観で判断される場合がほとんどですが、Webライターを育成する立場からは明確な判断基準が存在します。

社内にライティングスキルの高い人がいないからこそ外注するわけですが、実際に記事が納品されてきた時点でよく起きる依頼側の不満点やトラブルとしては
・依頼したキーワードは使用しているが内容が求めていたイメージとは違う
・指定したテーマから微妙にブレているのでもどかしい
このような発注側とライティング側との温度差に関する声をよく聞きます。このコラムでは数回に分けて、「質の高い記事」の判断材料となるポイントについて述べていきましょう。

発注前に確認したい依頼する「記事」に求める目的と、対応できる記事作成代行会社の見極め

一度納品されてしまった記事に関しては、多少の不満点はあってもほとんどの場合修正などは頼みにくいものです。又個人ライターへの直接発注では、個人のスキル次第になりますので、対応できない場合も少なくありません。(特にクラウド系のライターは基礎を学んでいないことも多く、SEOライティングまでは求められません)

発注や依頼をする前に、できれば全体の記事構成などの部分まで踏み込んで指示をするのがベストですが、頭の中にあるイメージを全て発注書としてアウトプットするのは簡単なことではありません。

「だから外注したい!」
「そこはライティングする側で理解して作成して欲しい」
と思われるのも当然です。

この部分を満たすためには、下記のようなWebライティングとSEOを理解している「ブリッジ的な役割ができる」人材的リソースを持つ会社が必須とされます。この部分が欠落していると、望まない温度差が生まれてしまいます。

✔Webディレクターが存在する記事作成代行
依頼側の求める着地点を理解して、記事構成やカテゴリー構成を行った上でライターに指示を出すことができ、記事が出来上がった時点で必要に応じて修正指示や校正を行います。特に決まった着地点への誘導が必要なコンテンツでは、不可欠なピースとなるでしょう。

✔ライター育成を行っている記事作成会社
基礎的な部分から始めて、スキルアップとともに記事やサイト構成まで教えますのでブレない記事のライティングが可能になります。

したがってこの部分が発注側のコストと、その記事に期待できる効果に最も比例してくる部分となります。

できる限りコストを抑えつつ、検索順位としての結果や商品やサービスへ誘導できるコンテンツが理想です。依頼する前に、ぜひ参考にしていただければ幸いです。具体的な発注指示については、次回のコラムで書きたいと思います。

こちらも合わせてお読みください

関連記事
「質の高い記事」の基準を記事作成代行の視点で分析してみました
質の高い記事が期待できる記事作成代行の選び方 | 料金やコストの基準とは?
記事作成代行サービスに求められるSEO成果のご案内

文|記事作成代行office2614N編集部